ペットフードを与える目的

昭和初期に起こった熱帯魚ブームを皮切りに、マスコミなどの影響を受けながら現在は様々なペットがブームに乗りながら買われている時代です。流行りに乗って飼い始める人もいれば、ペットは癒してくれる存在、かけがえのない存在という方もいます。

そんなペットですが、生き物ですので当然ながら食べるものを飼い主が責任をもって用意する必要があります。ペットショップではそれぞれのペットに合わせた沢山のペットフードが販売されています。

ワンちゃんと良し種類で分けると総合栄養食と呼ばれる、毎日のごはんである主食、そして必ず与える必要がないものの、しつけやご褒美として与えることが目的の間食の二種類があります。そして、ペットが病気になってしまった時に獣医師の指示によって栄養素の調整がされたペットフードを与える場合には療養食を使用することもあります。

ペットフードを与える目的は言うまでもなく、ペットの健やかな成長の為です。人間の食事と同じものや、もしくはその残りものを食べさせている人も稀にいますが、ペットによっては人には害がないものでも絶対に食べさせてはいけない食品が沢山存在しています。犬にとっては玉ねぎなどのネギ科の野菜やチョコレートなどはよく知られています。

これらの食べてはいけないものが入っておらず、かつそのペットに必要な栄養を考慮して作られたものがペットフードなのです。
そんなペットフードでも同じ種類の動物に与えるものであっても様々な企業から幾種もの商品が販売されています。その為にどのようなものが良いのかと迷うことも多いと思います。
ここでは最も良くペットとして飼われている犬のペットフードに注目したいと思います。