犬も気をつけたいアレルギー

近年になり、ネットやニュースなどで食物アレルギーや金属アレルギーなどのアレルギー情報が多く取り扱われるようになりました。それにはやはり、アレルギー疾患を持つ患者が増えていることが背景にあります。

犬と女の子そんなアレルギーは人間のものだけではありません。先の項でも述べましたように犬にもアレルギーが存在しています。その程度としては、約4割の犬に食物アレルギーがある、もしくはその可能性があるとも言われています。

そんな食物アレルギーの症状で最も多いものは皮膚症状です。皮膚症状の中でも良く見られるのは体のかゆみ、次に発疹や発赤が繰り返し出る、フケが出ている、その他にも毛変わりの時期以外でも抜け毛が多いといった症状が見られます。
また、皮膚の症状以外にも嘔吐や下痢、時には目の炎症などの症状が見られることもあります。普段から痒そうにしている仕草などには気をつけておくと良いでしょう。

これらの症状が現れた場合は獣医師に相談しましょう。検査によってアレルゲンを特定することが出来ます
アレルゲンが特定されたら、対象となる食品の摂取を避けることで症状は改善されていきます。

現在は最も食物アレルギーを引き起こしやすい成分の一つであるたんぱく質を分解して作られているドッグフードや、アレルギーを起こしにくい食材を使って作られたドッグフードも販売されています。中には特定のアレルゲンを除去したドッグフードもあります
これらを上手に活用し、愛犬が少しでも元気で快適に過ごせるようにしてあげて下さい。

推奨サイト>>>ドッグフード
└アレルギー対応のドッグフードを販売しています。

 

愛犬のドッグフードの選び方

かわいい愛犬は大事な家族の一員、という方も多いと思います。いつまでも元気で過ごして欲しいという思いは飼い主の最たる願いではないでしょうか。
人間と同じく、犬にとっても健康な体作りの基本は食事になります。毎日の楽しみであり、健康の基礎となる食事には気を配りたいものです。

ドッグフードしかし初めて犬を飼う方や、既に犬を飼っているけれど今まで何となくで食事をあげていた、という方は本当に愛犬にとって良いドッグフードの選び方が分からないということもあるでしょう。そこで、ここでは基本的なドッグフードの選び方をご紹介します。

まずは飼い犬の大きさ、そして年齢を把握します。同じ犬だからドッグフードであればどれでも大丈夫、大型犬であっても小型犬であっても量を調節すれば良い、というものではありません。
犬の大きさで見ると、大型犬・中型犬・小型犬に大別されますが、それぞれに必要なカロリーや栄養素が異なります

そして年齢もドッグフード選びには欠かせません。犬に該当する年齢の犬に、子犬や成犬と同じドッグフードを与えてしまうとカロリーオーバーといなり、内蔵に負担を掛け、肥満となる可能性があります。その為大きさと同様に成長段階に応じた適切なものを選ぶ必要があります。
また、見落としがちなのが低アレルギー製品であるかどうかということです。犬にも食物によるアレルギーが存在しているので、初めて食べさせるものには特に注意が必要です。