犬も気をつけたいアレルギー

近年になり、ネットやニュースなどで食物アレルギーや金属アレルギーなどのアレルギー情報が多く取り扱われるようになりました。それにはやはり、アレルギー疾患を持つ患者が増えていることが背景にあります。

犬と女の子そんなアレルギーは人間のものだけではありません。先の項でも述べましたように犬にもアレルギーが存在しています。その程度としては、約4割の犬に食物アレルギーがある、もしくはその可能性があるとも言われています。

そんな食物アレルギーの症状で最も多いものは皮膚症状です。皮膚症状の中でも良く見られるのは体のかゆみ、次に発疹や発赤が繰り返し出る、フケが出ている、その他にも毛変わりの時期以外でも抜け毛が多いといった症状が見られます。
また、皮膚の症状以外にも嘔吐や下痢、時には目の炎症などの症状が見られることもあります。普段から痒そうにしている仕草などには気をつけておくと良いでしょう。

これらの症状が現れた場合は獣医師に相談しましょう。検査によってアレルゲンを特定することが出来ます
アレルゲンが特定されたら、対象となる食品の摂取を避けることで症状は改善されていきます。

現在は最も食物アレルギーを引き起こしやすい成分の一つであるたんぱく質を分解して作られているドッグフードや、アレルギーを起こしにくい食材を使って作られたドッグフードも販売されています。中には特定のアレルゲンを除去したドッグフードもあります
これらを上手に活用し、愛犬が少しでも元気で快適に過ごせるようにしてあげて下さい。

推奨サイト>>>ドッグフード
└アレルギー対応のドッグフードを販売しています。